事業融資・資金調達サポート
銀行、日本公庫から融資・資金調達。資金繰りの予測改善・支援。事業再生
全国どこからでも、中小企業さまのための資金調達・事業再生専門サイト
融資時の銀行判断になる信用格付け、債務者区分、自己査定とは格付けアップのためにできること、貸倒リスクについて
銀行・公庫から借入できない場合の売掛金・債権の現金化相談など
資金調達事業融資トップページサービス一覧・費用ご依頼の流れ取材・講演受付無料メール電話相談
  
不動産担保融資
売掛金担保融資
ABL(動産債権担保)
  
資金繰りの基礎
  
資金調達・事業融資基礎
  
銀行からの資金調達
プロパー融資
ビジネスローン
信用保証協会付融資
不動産担保融資
 -融資時の銀行判断-
融資と決算書の関係
信用格付けについて
格付け決定方法
債務者区分・自己査定
格付けアップ方法
 -金融機関の種類と選択-
銀行の種類と特徴
融資申込銀行の選択
借入条件の違い
  
日本政策金融公庫
  (旧:国民生活金融公庫)

  
助成金・補助金・奨励金
  
事業計画・決算書
  
資金繰り財務サポートトップ
  
財務戦略入門
  
財務諸表(決算書)とは?
  
財務諸表による財務分析
  
資金繰り財務用語集
  
減価償却と繰延資産
  
起業創業支援


 資金調達・融資サポート > 銀行融資について > 自己査定(債務者区分)

自己査定とは? | 正常先 | 要注意先 | 要管理先 | 破綻懸念先 | 実質破綻先 | 破綻先


自己査定(債務者区分)


/**/

自己査定とは?

金融機関は、返済の可能性が低い債権を的確に把握し、それらに対して早期の対策を講じる必要があります。

こで、融資先を貸倒のリスクに応じて6段階に区分しています。これを『自己査定』といいます。

それぞれ6つの区分に対して、銀行では貸倒引当をしなければならないよう義務づけられています。

ここ最近の、各銀行の引当率をおおまかにまとめてみると以下のようになります。(いくつかの銀行の平均ですので、単なる目安として見てください)

分類区分 銀行の貸倒引当率
正常先 債権額の約0.1〜.5%
要注意先
要管理先 債権の無担保部分に対し約40%
破綻懸念先 債権の無担保部分に対し約75%
実質破綻先 債権の無担保部分に対し約100%
破綻先 債権の無担保部分に対し約100%


これを見てもわかるように、要管理先以下の債権に対する貸倒引当率がかなり高くなっています。つまり、自己査定で、要管理先以下に分類されると、新たな融資はかなり困難になってくるということです。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ



対応エリア
全国どこからでもご相談、資金調達お申込可能

【東京都】
千代田区、中央区、港区、新宿区 文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区 北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、三鷹市、武蔵野市、町田市、多摩市、西東京市、昭島市、八王子市など。
西多摩郡(奥多摩町、日の出町、瑞穂町、檜原村)、離島を除く
【神奈川】
横浜市、川崎市、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、大磯町、二宮町、 鎌倉市、逗子市、相模原市、秦野市、厚木市、伊勢原市、小田原市
【埼玉県】
さいたま市、川口市、鳩ヶ谷市 、蕨市、戸田市、上尾市、桶川市 川越市、所沢市、狭山市、入間市、富士見市、新座市、志木市、朝霞市、和光市、ふじみ野市 越谷市、草加市、春日部市、三郷市、八潮市、吉川市、大宮市
【千葉県】
市川市、船橋市、浦安市、鎌ヶ谷市、松戸市、柏市、我孫子市、流山市、野田市、成田市、白井市、印西市 千葉市、市原市、佐倉市、習志野市、八千代市、四街道市、八街市

Yahoo!ブックマークに登録
/**/
金森合同法務事務所
ご依頼手続手順
講演依頼受付(講演履歴)
プライバシーポリシー
  
企業経営サポート.com
節税サポート
財務サポート
人材許可.com
建設業許可サポート





建設業許可、建設業法解説節税財務諸表分析決算就業規則作成変更人材派遣紹介許可労働基準法契約法解説
メール無料相談、電話面談相談