野菜と果物ホームへ


トマト(小金瓜、蕃茄)について

トマトの外国名

tomato(英)、tomate(仏)、Tomate(独)

トマトの科属

ナス科トマト属

トマトの出回る時期

夏だが、一年中見られる。

トマトの原産地

ペルー、エクアドル。中央アメリカ、メキシコに伝えられ、16世紀にヨーロッパへ。19世紀にイタリアで品種改良。19世紀アメリカへ。17世紀日本へ導入される。

トマトの成分

90%以上が水分で、ビタミンA、ビタミンCが多い。クエン酸ミネラルも多い。カロチン、リコピンを含む。

トマトの種類

アメリカ系桃色トマト

桃色で果実が大きい。

  • ポンデローザ…甘くトマト臭が少ない。
  • フルーツ・グローブ
  • 世界一
  • 栗原
  • ファースト…甘く、質がよい
  • 群玉
  • 市原早生
  • 豊玉

丸玉トマト(一代雑種)

  • 福寿(フルーツ×ジューン・ピンク)
  • 福寿2号
  • 大形福寿

完熟(甘熟)トマト

完熟してから質が変わるのが遅い。糖度が高い。甘みと酸味のバランスがとれている。株の上で熟したものをとる。

  • 桃太郎…1983年に発表。桃色、丸い。

加工用トマト

  • サン・マルツァーノ(イタリア原産)
  • 珠玉
  • くりこま
  • ふりこま

イギリス系赤色トマト

大正時代にイギリスから導入。

  • ベスト・オブ・オール…酸味が強い、トマト臭が強い
  • コメット
  • プリンス・オブ・ウェールズ

ミニトマト…甘みがあり小さい

  • プチトマト
  • チェリートマト
  • ペアトマト