野菜と果物ホームへ


ナス(茄子、茄)について

ナスの外国語名

egg plant(英、米)、aubergine(英、仏、独)、茄(中)

ナスの科属

ナス科ナス属

ナスが出回る時期

6 月〜9月に出回る夏野菜ですが、促成栽培などで一年中生産されます。多年生草本で日本では一年生草本です。

ナスの原産地

原産地はインド東部、東南部といわれています。中国、中近東、アフリカなどに伝わり、13世紀ごろヨーロッパに伝わりました。  

ナスの成分

90%以上が水分。糖質が主。ビタミン、ミネラルがほかの野菜に比べても少ない。皮には青紫色のアントシアニンが豊富。

ナスの種類

小丸ナス群

一口ナス…耐寒耐暑性が低い。皮が柔らかく種子が少ないため煮物や漬物に適している。

  • 京都の椀ぎ(もぎ)
  • 東北の民田(みんでん)
  • 山形の出羽小なす
  • ちび丸

丸ナス群

耐暑性がやや強い。みそ漬け、煮物、油炒め、揚げ物にむく。田楽、しぎ焼きにも。

  • 大芹川(おおせりかわ)又は賀茂ナス
  • 巾着(きんちゃく)
  • 大阪丸(おおさかまる)
  • 魚沼巾着(うおぬまきんちゃく)

卵形ナス群

関東で栽培され、浅漬け用とされた。

  • 千成(せんなり)…小形
  • 真黒(しんくろ)…長めの卵形
  • 泉州水ナス…多汁質、寒さに弱い、皮が柔らかい

 

 

中長ナス群

関西以西と東北に分布、20〜25p、西南型と東北型

西南型…果肉は柔らかく、煮物にむく。若いものは漬物にむく。

  • 大阪長
  • 大仙長(だいせんなが)
  • 熊本長
  • 津田長

東北型…煮物や漬物にむく。

  • 仙台長
  • 河辺長(かわべなが)

大長ナス群

九州地方に分布、耐暑性、耐乾性が強い、長さ40pを超えることも。煮物、焼き物にむくが、皮が固く漬物にはむかない。

  • 久留米長
  • 長崎長
  • 博多長

米ナス

ヨーロッパ、アメリカ系をもとにつくられた。焼き物、煮物にむくが、漬物にはむかない。

青ナス、白ナス

アントシアニンがなく、紫色にならない。葉緑素が作られると青ナス、作られないと白ナスになる。

  • 青ナス…煮物にむく
  • 白ナス…鑑賞用が多いが、東南アジアでは食される。熟して黄色になると食べられない。