野菜と果物ホームへ


かぶ(蕪)について

かぶの外国名

turnip(英)、navet(仏)

かぶの科属

アブラナ科アブラナ属

かぶの出回る時期

春、晩春〜初冬だが、一年中出回る。10月〜11月が味が良い。

かぶの原産地

温帯ヨーロッパもしくは中近東といわれている。

かぶの成分

90%以上が水分で、根にビタミンC、加水分解酵素アミラーゼが含まれる。葉にビタミンC、ビタミンA、カルシウム、鉄分が含まれる。

かぶの種類

ヨーロッパ型かぶ

耐寒性が強い

  • 山内(やまうち)……福井県、質がかたい。かぶらずしに使われる。
  • 長カブ……質がかたい。漬物にむく。東北から関東。
  • 温海(あつみ)……山形県。質がかたく、漬物にむく。
  • 開田(かいだ)
  • 小カブ……ヨーロッパのミランホワイトと同系。質はやわらかく良い。漬物、煮物にむく。
  • 覆下
  • 時無
  • 野沢菜……漬物にむく
  • 稲扱菜(いねこきな)……漬物、干菜としてつかわれている。
  • 羽広菜(はびろな)……  〃
  • 鳴沢菜(なるさわな)……  〃
  • 長禅寺菜……        〃

 

アジア型カブ

  • 天王寺(てんのうじ)……関西、東海、九州に分布。煮物にむく。
  • 尾張……愛知
  • 屋島……香川
  • 武久(たけひさ)……山口
  • 博多据(はかたすわり)……福岡
  • 寄居(よりい)……新潟。質がやわらかい。煮物、汁物、漬物にむく。
  • 今市(いまいち)……奈良。甘みがあり質が良い。ふろふきや漬物にむく。
  • 聖護院(しょうごいん)……関西、甘みがあり質が良い。
  • 大野紅(おおのべに)……色がついている。甘みがあり酢漬けにむく。
  • 豊蒔紅……青森。
  • 蛭口(ひるぐち)……滋賀
  • 万木(ゆるぎ)……滋賀
  • 米子……島根
  • 日野菜(ひのな)……上半分は紫、下半分は白い。漬物にされる。桜漬け。
  • 津田カブ……島根。煮物、漬物にむく。
  • 酸茎菜(すぐきな)……京都市上賀茂
  • 伊予緋(いよひ)