野菜と果物ホームへ


ほうれん草(ホウレンソウ)について

ほうれん草の外国名

spinach(英)、epinard(仏)、espinaca(西)、spinacio(伊)、Spinat(独)

ほうれん草の科属

アカザ科ホウレンソウ属

ほうれん草の出回る時期

11月〜翌年3月だが、1年を通して手に入る。

ほうれん草の原産地

ペルシア(現在のイラン)。中国には唐の時代に伝わり、東洋種が生まれた。10世紀以降ヨーロッパに伝わる。16世紀日本に渡来(東洋種)。19世紀西洋種導入。

ほうれん草の成分

90%くらいが水分で。ビタミンA、ビタミンC、鉄分、カルシウム、クロロフィルを多く含む。あくの成分シュウ酸もふくまれる。

ほうれん草の種類

東洋系品種

中国で秋播き栽培として成立。種子に2つの刺がある(刺種、角種)。寒さに強い。

  • 山形赤根(やまがたあかね)……日本で古くから栽培。角種。根が紅色(ベタレインという色素)。
  • 禹城(うじょう)……熊沢三郎が中国から持ち帰る。済南からの「頂上東湖」。耐暑性。夏播き用。

西洋系品種

ペルシア(イラン)から北ヨーロッパで品種改良。春から夏播き。丸種。根の色は淡い。

  • ビロフレー(Viroflay)……1866年アメリカ、1896年日本に伝わる。丸種。別名:モンストリュオ・ビロフレー。北海道でこの種から札幌大葉を育成
  • ミンスターランド(Minsterland)……角種。ドイツのミュンステル地方で古くから栽培。春播き用。

両群交雑種

一代雑種。西洋種と東洋種のかけ合わせ

  • 豊葉(ほうよう)……千葉の在来種とミスターランドの交雑種
  • 次郎丸……愛知県稲沢市次郎丸地方の在来種とホーランディアの交雑種
  • ぬくしな……日本在来種とホーランディア、ノーベルとの交雑種

    最近の一代雑種

    • ソロモン……耐寒性
    • オリオン
    • アクティブ
    • リード
    • アトラス
    • オラクル
    • おかめ
    • パレード