特定労働者派遣事業の届出申請(要件などの解説と手続代行)、人材派遣業運営・経営支援。

特定労働者派遣事業の届出申請代行手続に始まり、事業を行う上でのリスク回避や運営支援を致します。人材派遣会社設立や就業規則の作成も。
特定派遣無料相談
特定派遣トップ | サービス一覧・費用 | ご依頼の流れ | 取材・講演受付 | 事務所案内 | 無料メール電話相談
  
特定労働者派遣事業とは

特定労働者派遣事業届出

特定届出要件チェックリスト

特定労働者派遣事業リスク

労務管理の重要性

人材ビジネスのピラミッド

特定労働者派遣事業 > 届出要件チェックリスト

特定労働者派遣事業届出要件チェックリスト

  1. 財産要件・事業所要件
  2. 派遣元責任者
  3. 派遣元事業主
  4. 事業運営
  5. 個人情報保護
  6. 組織(教育)
  7. 欠格事由
/**/

1.財産要件・事業所要件

ともに、要件はありません。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

2.派遣元責任者に関して

  1. 未成年でない
  2. 欠格事由(6条1号〜4号)に該当していない
  3. 住所不定等の生活根拠が不安定ではない
  4. 健康状態が良好(雇用管理可能)である
  5. 不当に他人の精神、身体および自由を拘束するおそれのないものである
  6. 公衆衛生又は公衆道徳上有害な業務に就かせる行為を行うおそれのない者である
  7. 名義借りでない
  8. 成年に達してから3年以上の雇用管理の経験を有するなど
    1.成年に達した後の雇用管理の経験と派遣労働者としての業務の経験とを合わせた期間が3年以上の者(ただし、雇用管理の経験が1年以上ある者に限る)。
    2.成年に達した後の雇用管理経験と職業経験とを合わせた期間が5年以上の者(ただし雇用管理の経験が1年以上ある者に限る)。
    3.成年に達した後、職業安定行政又は労働基準行政に3年以上の経験を有する者。
    4.成年に達した後、民営職業紹介事業の従事者として3年以上の経験を有する者。
    5.成年に達した後、労働者供給事業の従事者として3年以上の経験を有する者)
  9. 外国人の場合は在留資格を有する
  10. 事業所から日帰りで往復できる地域に労働者派遣を行うものであること(苦情処理の為など)
  11. 派遣元責任者が不在の場合の臨時の職務代行者があらかじめ選任されている

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

3.派遣元事業主

  1. 労働保険、社会保険の適用すること。
  2. 事業主、役員等、生活根拠が安定していること
  3. 不当に他人の精神、身体および自由を拘束するおそれのない者であること
  4. 名義借りでないこと
  5. 外国人の場合は、在留資格を有するもの

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

4.事業運営

  1. 特定労働者派遣事業をそれ以外の会員の獲得、組織の拡大、宣伝等他の目的の手段として利用しないこと。
  2. 登録の際、いかなる名義であっても手数料に相当するものを徴収しないこと。
  3. 労働者派遣事業の事業停止命令を受けた者(停止中)ではないこと。
  4. 法人の場合、その役員が個人事業主として労働者派遣事業の事業停止命令を受けた者ではないこと。
  5. 名義貸し目的で特定労働者派遣事業届出を得ようとするものではないこと。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

5.個人情報保護

  1. 個人情報管理の事業運営について
    • 派遣労働者の個人情報を取扱う職員の範囲が明確なこと。
    • 業務上知り得た派遣労働者等に関する個人情報を業務以外の目的で使用したり、他に漏らしたりしないことについて、職員への教育が実施されていること。
    • 派遣労働者等から求められた場合の個人情報の開示又は訂正もしくは削除の取扱いに関する規定があり、かつ当該規定について派遣労働者等への周知がなされていること。
    • 個人情報の取扱いに関する苦情の処理に関する派遣元責任者等による事業所内の体制が明確にされ、苦情を迅速かつ適切に処理するとされていること。苦情処理の担当者等取扱責任者を定めること。
  2. 個人情報管理のために以下の措置が講じられていることが必要です
    • 個人情報をが必要な範囲において正確・最新のものに保つための措置
    • 個人情報の紛失、破壊及び改ざんを防止するための措置
    • 派遣労働者等の個人情報を取り扱う事業所内の職員以外の者による派遣労働者等の個人情報へのアクセスを防止するための措置
    • 収集目的に照らして保管する必要がなくなった個人情報を破棄又は削除するための措置

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

6.組織要件(スタッフ教育)

  1. 派遣スタッフの教育訓練計画が適切にあること
  2. 教育訓練を行う施設や設備等が整備され、その実施について責任者が配置される等、能力開発の体制が整備されていること
  3. 教育訓練について派遣労働者から費用は一切徴収しないこと

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

7.欠格事由

  1. 禁錮刑などに処せられて5年を経過してない場合 又は労働法関係、刑法、暴力行為等処罰に関する法律、 出入国管理法などで違反があり、罰金刑に処せられて5年を経過してない場合。
  2. 健康保険法、厚生年金保険法、労災保険法、雇用保険法 など労働法規で、罰金刑などの刑に処されて5年を経過していない場合。
  3. 成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得てない者。
  4. 派遣の免許を取り消されて5年を経過していない者
  5. 未成年者の場合について、その法定代理人が、前述の内容に該当 する場合。
  6. 法人の場合、役員のうち、前述の内容に該当するものが居る場合。

上記のいずれかに該当する場合は、届出を受けることができませんので、責任者・役員に確認しておきましょう。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ



対応エリア
【東京都】
千代田区、中央区、港区、新宿区 文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区 北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、 江戸川区、三鷹市、武蔵野市、町田市、多摩市、西東京市、昭島市、狛江市、調布市、東久留米市、清瀬市、東村山市、小平市、立川市、国立市、国分寺市、府中市、多摩市、稲城市、町田市
【千葉県】
千葉市、習志野市、船橋市、浦安市、柏市、松戸市、船橋市、市川市、流山市、鎌ケ谷市、流山市、八千代市
【埼玉県】
三郷市、さいたま市、所沢市、川口市、新座市、大宮市、朝霞市、志木市、和光市、戸田市、蕨市、鳩ヶ谷市、草加市、越谷市、八千代市、富士見市
【神奈川県】
川崎市、横浜市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、綾瀬市、厚木市、相模原市、鎌倉市、大和市、座間市

文字を大きくする文字を小さくする

社会保険労務士 寺内正樹


寺内が執筆しました

事務所概要(神奈川県)
ご依頼手続手順
プライバシーポリシー

企業経営サポート.com
就業規則サポート
一般労働者派遣サポート
有料職業紹介サポート
労働どっとネット