有料職業紹介事業の許可申請(要件などの解説と手続代行)、人材紹介業運営・経営支援。

有料職業紹介事業の許可申請代行手続に始まり、事業を行う上でのリスク回避や運営支援を致します。紹介予定派遣を行いたい場合は、一般労働者派遣事業の許可も必要です。
有料職業紹介無料相談
職業紹介トップ | サービス一覧・費用 | ご依頼の流れ | 取材・講演受付 | 事務所案内 | 無料メール電話相談
  
有料職業紹介事業とは

有料職業紹介事業許可

有料職業紹介事業リスク

運営のポイント・ノウハウ

よくある質問Q&A

人材ビジネスのピラミッド

有料職業紹介事業許可・経営支援

2007年問題にもあるように、団塊の世代が定年を迎え、若年層の就労意欲の低下などを背景に、世の中の労働市場が激変しています。派遣や非常勤という形態で人件費を抑える一方で、企業の主軸になれる人材や、スキルの高い人材の不足に悩む企業が増えています。

有料職業紹介業を営む会社も増加傾向にありますが、問題も多く、許可取得後に労働局から指導される企業も少なくありません。適法に有料職業紹介法を営み、成長していく企業の一助になれば幸いです。

有料職業紹介事業とは?

労働者派遣事業とは異なり、求職者と求人者を引き合わせ、雇用成立したときにその成果報酬を徴収するのが、この有料職業紹介事業です。

有料職業紹介事業では、派遣してはならない職業などもあり、注意が必要です。
>>もっと詳しく

有料職業紹介事業の要件

 有料職業紹介事業では、労働者を売買するような感覚があるため、事業運営者の資質を問うためにも、労働局から許可を得ることが必要になります(許可申請)。許可を得るためには、財産(資産)、事業所の場所や広さ、事業主の適正、個人情報保護措置など、様々な要件があります。
  資産要件では500万円の資産、最低でも150万円の現預金が必要になります。会社設立と同時に許可申請される場合は、資本金を500万円にして設立したほうがいいでしょう。

>>有料職業紹介事業許可申請
>>許可要件チェックリスト

有料職業紹介事業のリスク

有料職業紹介事業では、紹介したにも関わらず報酬が支払われなかったり、個人情報管理・取扱の措置を適切にしなかったためにクレームが労働局に入ってしまったり、求職者に明示した労働条件が実際とは異なっていたりなど、思わぬトラブルが生じます。

>>事業リスク・トラブル

有料職業紹介事業の上手な運営方法

有料職業紹介事業をどのように運営するか、求職者の属性をどのようにするのかによって、事業の作業フローも、紹介手数料の率も変ってくるでしょう。「手数料=売上」ですから、求人者との個別契約は非常に大切です。

また、同業者との提携によっても多くのメリットを受けることができると思いますが、その取り決めも職業紹介が人身売買にならないように細心の注意が必要です。

>>有料職業紹介事業の運営ノウハウ



対応エリア
【東京都】
千代田区、中央区、港区、新宿区 文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区 北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、 江戸川区、三鷹市、武蔵野市、町田市、多摩市、西東京市、昭島市、狛江市、調布市、東久留米市、清瀬市、東村山市、小平市、立川市、国立市、国分寺市、府中市、多摩市、稲城市、町田市
【千葉県】
千葉市、習志野市、船橋市、浦安市、柏市、松戸市、船橋市、市川市、流山市、鎌ケ谷市、流山市、八千代市
【埼玉県】
三郷市、さいたま市、所沢市、川口市、新座市、大宮市、朝霞市、志木市、和光市、戸田市、蕨市、鳩ヶ谷市、草加市、越谷市、八千代市、富士見市
【神奈川県】
川崎市、横浜市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、綾瀬市、厚木市、相模原市、鎌倉市、大和市、座間市

文字を大きくする文字を小さくする

社会保険労務士 寺内正樹


寺内が執筆しました

事務所概要(神奈川県)
ご依頼手続手順
プライバシーポリシー

企業経営サポート.com
就業規則サポート
一般労働者派遣サポート
特定労働者派遣サポート
労働どっとネット