就業規則作成・変更届・診断専門サイト 〜労働基準法の解説、就業規則モデル、個別規程解説、IPO・派遣業・学校法人も対応可能

就業規則の内容診断、変更、作成のサイトです。労働基準法、就業規則モデル・個別規程(細則)の解説。IPO、人材派遣業などの特殊な就業規則も作成可能です。
就業規則無料相談
トップページ | サービス一覧・費用 | ご依頼の流れ | 取材・講演受付 | 事務所案内 | 無料メール電話相談
  
就業規則の基本

就業規則モデル解説

就業規則の個別規程

特殊な就業規則

労働基準法の解説
  -労働契約-
労働契約・労働条件
内定の取消
試用期間中の身分
損害賠償と身元保証
労働契約の期間と終了
  -労働時間-
労働時間について
休憩について
変形労働時間制
みなし労働・裁量労働
  -賃金・賞与-
労働基準法の賃金
賃金支払原則
平均賃金
年棒制の場合
賞与(ボーナス)
  -残業-
法内残業・時間外
割増率・割増額
三六協定
  -退職・解雇-
自己都合退職
契約期間終了の退職
解雇ルール
整理解雇4要件
懲戒処分
  -休日・休暇-
有給休暇について

労働トラブル実例

労働基準監督署一覧



就業規則作成変更サポート > 労働基準法の解説 > 労働契約 > 内定取消

労働基準法・労働契約について

内定の取消は自由か?

  1. 昭和54年7月20日最高裁判例
  2. 内定取消の合理的理由・正当理由
  3. 労働者からの内定辞退

「内定=労働契約の成立」です。ですから、「内定の取消=労働契約の解除」ということになります。

会社からの内定取消は、合理的で正当な理由がなければなりませんが、実際に労働しているわけではないので、通常の解雇理由よりゆるやかな理由でも、認められています。内定は、解除権留保付労働契約であるといえます。また、内定取消をされた場合に、解雇予告手当ての請求をされても、支払う必要はありません。


/**/

1.昭和54年7月20日最高裁判例

「採用内定の取り消し事由は、採用内定当時知ることができず、また知ることが期待できないような事実であって、これを理由として取り消すことが解約権留保の趣旨、目的に照らして、客観的に合理的で社会通念上相当として是認できるものに限られる」

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

2.内定取消のための合理的・正当理由

  1. 会社が経営不振になり、既存の従業員を解雇しなければならなくなった
  2. 学生が留年した
  3. 刑事事件等の犯人として逮捕された
  4. 労働者の経歴詐称が判明した
  5. 労働者が病気になって、会社の業務を遂行できないと判断した

など。です

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

3.労働者から内定辞退について

自由です。但し、2週間の予告期間が必要です。
(これは、通常の期間定めのない労働契約の解除と同じです)

今すぐ相談する! | このページの一番上へ



対応エリア
【東京都】
千代田区、中央区、港区、新宿区 文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区 北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、 江戸川区、三鷹市、武蔵野市、町田市、多摩市、西東京市、昭島市、狛江市、調布市、東久留米市、清瀬市、東村山市、小平市、立川市、国立市、国分寺市、府中市、多摩市、稲城市、町田市
【千葉県】
千葉市、習志野市、船橋市、浦安市、柏市、松戸市、船橋市、市川市、流山市、鎌ケ谷市、流山市、八千代市
【埼玉県】
三郷市、さいたま市、所沢市、川口市、新座市、大宮市、朝霞市、志木市、和光市、戸田市、蕨市、鳩ヶ谷市、草加市、越谷市、八千代市、富士見市
【神奈川県】
川崎市、横浜市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、綾瀬市、厚木市、相模原市、鎌倉市、大和市、座間市

Yahoo!ブックマークに登録
文字サイズ変更
文字を大きくする文字を小さくする


社会保険労務士 寺内正樹

事務所概要(神奈川県)
ご依頼手続手順
講演・セミナー依頼受付
執筆・取材依頼受付
プライバシーポリシー

企業経営サポート.com
人材許可.com
一般労働者派遣事業許可

/**/


労働基準法、労働契約法 人材派遣紹介許可