就業規則作成・変更届・診断専門サイト 〜労働基準法の解説、就業規則モデル、個別規程解説、IPO・派遣業・学校法人も対応可能

就業規則の内容診断、変更、作成のサイトです。労働基準法、就業規則モデル・個別規程(細則)の解説。IPO、人材派遣業などの特殊な就業規則も作成可能です。
就業規則無料相談
トップページ | サービス一覧・費用 | ご依頼の流れ | 取材・講演受付 | 事務所案内 | 無料メール電話相談
  
就業規則の基本

就業規則モデル解説

就業規則の個別規程

特殊な就業規則

労働基準法の解説
  -労働契約-
労働契約・労働条件
内定の取消
試用期間中の身分
損害賠償と身元保証
労働契約の期間と終了
  -労働時間-
労働時間について
休憩について
変形労働時間制
みなし労働・裁量労働
  -賃金・賞与-
労働基準法の賃金
賃金支払原則
平均賃金
年棒制の場合
賞与(ボーナス)
  -残業-
法内残業・時間外
割増率・割増額
三六協定
  -退職・解雇-
自己都合退職
契約期間終了の退職
解雇ルール
整理解雇4要件
懲戒処分
  -休日・休暇-
有給休暇について

労働トラブル実例

労働基準監督署一覧



就業規則作成変更サポート > 労働基準法の解説 > 労働時間 > 休憩

労働基準法・労働時間について

休憩について

  1. 休憩は皆で一緒に
  2. 休憩時間は自由時間

労働基準法では、1日の労働時間が6時間以上の場合は45分以上の休憩、 1日の労働時間が8時間以上の場合は1時間以上の休憩が必要としています。 また、特別な職種によっては、1時間に15分の休憩を要する等休憩時間に関しては決まりがあります。


/**/

1.休憩は皆で一緒に

労働者が、休憩時間を分割してとることは可能ですが、会社としては、一斉付与の原則から、労働者全員が一斉に休憩をとれるようにすることが必要です。
why? 同僚が仕事をしている横で、自分だけ、ゆっくりと休めないから

<例外>

労使協定を締結することによって、一斉付与の原則は排除できます。一斉に休憩することで公衆に不便がある業種(運輸・販売・金融・映画・郵便・通信など)です

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

2.休憩時間は自由時間

自由利用の原則
  ⇒ 会社は休憩のしかたについて制限を設けることはできません

<例外>

警察官、消防士、児童自立支援施設・乳児院・養護施設などで起居を共にする人

今すぐ相談する! | このページの一番上へ



対応エリア
【東京都】
千代田区、中央区、港区、新宿区 文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区 北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、 江戸川区、三鷹市、武蔵野市、町田市、多摩市、西東京市、昭島市、狛江市、調布市、東久留米市、清瀬市、東村山市、小平市、立川市、国立市、国分寺市、府中市、多摩市、稲城市、町田市
【千葉県】
千葉市、習志野市、船橋市、浦安市、柏市、松戸市、船橋市、市川市、流山市、鎌ケ谷市、流山市、八千代市
【埼玉県】
三郷市、さいたま市、所沢市、川口市、新座市、大宮市、朝霞市、志木市、和光市、戸田市、蕨市、鳩ヶ谷市、草加市、越谷市、八千代市、富士見市
【神奈川県】
川崎市、横浜市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、綾瀬市、厚木市、相模原市、鎌倉市、大和市、座間市

Yahoo!ブックマークに登録
文字サイズ変更
文字を大きくする文字を小さくする


社会保険労務士 寺内正樹

事務所概要(神奈川県)
ご依頼手続手順
講演・セミナー依頼受付
執筆・取材依頼受付
プライバシーポリシー

企業経営サポート.com
人材許可.com
一般労働者派遣事業許可

/**/


労働基準法、労働契約法 人材派遣紹介許可