ピンクオパール、パワーストーン・天然石の意味・効果・相性一覧・パワーストーンの浄化方法
ピンクオパールパワーストーンの意味効果相性浄化方法
パワーストーンホーム > ピンクオパール
パワーストーンカテゴリ

パワーストーン種類
パワーストーンの色
誕生石(誕生月)
星座の天然石
干支の天然石
パワーストーン意味効果
パワーストーンの浄化方法
チャクラ
パワーストーンの形意味
パワーストーンアクセサリー
パワーストーン本・雑誌
免責事項

ピンクオパールの意味・効果、浄化方法 


ピンクオパール


別称 蛋白石 ピンクオパール
ピンク
原産国 オーストラリア、メキシコ、ブラジルなど
硬度 5.5〜6.5
成分 SiO2・nH2O
結晶系  非晶質

浄化の方法

ピンクオパールの浄化は以下の方法が適しています。

クリスタル(水晶)クラスターの上に置く         煙(セージやお香)でいぶす         月の光を当てる         水で洗う(湧き水、清流、ミネラルウォーターなど)

ピンクオパールの石言葉

ピンクオパールの意味・効果

輝かないコモンオパールという種類の石です。女性の性を象徴します。 やわらかいピンク色の石でとても人気があります。

自分自身を愛し、他者からの愛も受け入れるようになります。 愛情を表現する力が高くなり、愛される力がupします。 美しさ、明るさも増して若々しくなるといわれています。 安産のお守りにも良いとされています。

ピンクオパールとの組み合わせ・相性

ピンクオパール+ロードクロサイト(インカローズ) 女性として魅力が高まり幸福に導く。

ピンクオパール+シトリンクォーツ   仕事をする上でのサポートに。(女性に)

ピンクオパール+ラリマー   恋愛においてとても良い助けに。

ピンクオパール取り扱いの注意

ピンクオパールは、直射日光に当てない   衝撃に弱い  乾燥させないように

このページの一番上へ




 
パワーストーン意味効果