クンツァイト、パワーストーン・天然石の意味・効果・相性一覧・パワーストーンの浄化方法
クンツァイトパワーストーンの意味効果相性浄化方法
パワーストーンホーム > クンツァイト
パワーストーンカテゴリ

パワーストーン種類
パワーストーンの色
誕生石(誕生月)
星座の天然石
干支の天然石
パワーストーン意味効果
パワーストーンの浄化方法
チャクラ
パワーストーンの形意味
パワーストーンアクセサリー
パワーストーン本・雑誌
免責事項

クンツァイトの意味・効果、浄化方法 


クンツァイト


別称 リチア輝石、黝輝石 クンツァイト
薄いピンク、無色
原産国 ブラジル、アフガニスタン、マダガスカル、アメリカなど
硬度 6.5〜7
成分 LiAl[Si2O6]
結晶系 単斜晶系

浄化の方法

クンツァイトの浄化は以下の方法が適しています。

クリスタル(水晶)クラスターの上に置く          煙(セージやお香)でいぶす          月の光を当てる          水で洗う(湧き水、清流、ミネラルウォーターなど)

クンツァイトの石言葉

クンツァイトの意味・効果

1902年アメリカのカリフォルニアで見つかりました。鉱物学者ジョージ・クンツ博士の名からつけられました。愛を象徴する石です。緑や黄色のものもクンツァイトや違う呼び名で流通しています。

心と身体、感情を整え、安定させます。 心をやわらかく思いやりに満ちた愛情を持てるようにします。 ストレスを緩和し、不安や恐れを払いのけます。

クンツァイトとの組み合わせ・相性

クンツァイト+アメジスト  過去にとらわれず、真実の愛で満たされるよう助けます。

クンツァイト+サンストーン  ストレスを緩和し、元気になります。

クンツァイト+

クンツァイト取り扱いの注意

クンツァイトは、紫外線に当てない    熱や衝撃を加えない

このページの一番上へ




 
パワーストーン意味効果