パワーストーン・天然石の浄化方法
パワーストーンの浄化方法
パワーストーン > 浄化方法
パワーストーンカテゴリ

パワーストーン種類
パワーストーンの色
誕生石(誕生月)
星座の天然石
干支の天然石
パワーストーン意味効果
パワーストーンの浄化方法
チャクラ
パワーストーンの形意味
パワーストーンアクセサリー
パワーストーン本・雑誌
免責事項

パワーストーンの浄化方法


石は時々浄化してあげないと、本来の力を発揮できません。特に以下のようなときは、浄化したりチャージしましょう

  • 願いがかなった後に浄化する。
  • チャクラに置いた後に浄化する。
  • 人とたくさん会った後に浄化する。
  • 外的なエネルギーにさらされやすい人は頻繁に浄化する 。

塩による浄化

お皿に天然の塩を盛り、その上に置く、埋める、塩を溶かした水にいれる、のい ずれかをする。    5分〜1日たったら水で洗い、やわらかい布でふく。終わった後の塩はすてる。     (カルサイトやアンバーなどは時間を短くする。)    

塩による浄化に向いてない石(ヘマタイト、タイガーアイ、フローライト、ターコ イズ、マラカイト、チャロアイトなど)

水による浄化

石を持ってできれば湧き水、清流、ミネラルウォーターで1分以上洗う。 器に石を入れ5〜10分流水で洗う。(水道水でも) 煮沸させて冷まし、常温になった水やミネラルウォターなどで洗い、やわらかい 布でふく。

水による浄化に向いてない石(カルサイト、ヘマタイト、フローライト、ブルー レースアゲート、ターコイズ、マラカイト、チャロアイト、エメラルド、セレナ イトなど)

月の光による浄化   (月光浴)

 月の光に数10分〜一晩当てる。満月の夜、それに近い夜が良い。

日の光による浄化   (日光浴)  

早朝の太陽の光に10分〜3時間当てる。  日の出から日没まで太陽の光に当てる。これを2〜3日くりかえす。     

日の光による浄化向いてない石(ピンクトルマリン、ローズクォーツ、アンバー、    シトリンクォーツ、フローライト、ブルーレースアゲート、アメジスト、チャロアイト、セレスタイト、クンツァイトなど)

セージやお香による浄化

セージやお香を焚いて煙でいぶす。(石を右手で持って煙にくゆらす。)   その後、やわらかい布でふく。   空間を浄化するのにも良い。

クリスタル(水晶)クラスターによる浄化

1日〜2日クリスタルクラスターの上やそばに石を置く。   (エネルギーの放出と 吸収を行う。)   (アメジストクラスターでも浄化できるが、クリスタル(水晶)クラスターよりかは浄化力が落ちる。)

土による浄化

天然の材質の布で石を包み、土に埋める。(人が踏まない場所で汚染されていない場所に埋める。) 長くて1ヶ月、掘り出したら水で洗い、日光・月光で浄化する。 (エネルギー的に良い場所で行わないと逆効果。)

その他、文献によっては下のような浄化の方法もあります。(参考文献

音による浄化

シンギングリン、クリスタルボール、ベルなどの音、良い音楽などを石に聞かせる。 空間の浄化にも良い。

ヒーリングアートによる浄化

宇宙曼荼羅やヒーリングアートの前に石を置く。   エネルギーをアートから受けます。

植物による浄化

花や観葉植物の根の辺りに石を置く。   (カーネリアンなどの火を象徴する石は向かない。)

言葉・思念による浄化

持ち主が石に言葉や思いをぶつけて、プログラミングする。

このページの一番上へ

悪いエネルギーを 抜く浄化(ゼロ浄化、 クリアリング)とエネルギーをチャージする浄化

悪いエネルギーを抜く浄化方法順に並べると以下のようになります。これはすなわち、下へくほどエネルギーをチャージする浄化方法になります。

  1. 塩による浄化
  2. 水による浄化
  3. セージやお香による浄化
  4. クリスタル(水晶)クラスターによる浄化
  5. 日光浴・月光浴
  6. 土による浄化
  7. 音による浄化
  8. ヒーリングアートによる浄化
  9. 言葉・思念による浄化

このページの一番上へ




 
パワーストーン意味効果