香水の基本知識:香水の入れ物・アトマイザー、香水の作り方、つけ方、男性用・女性用フレグランス一覧
香水、フレグランス
香水の基本知識 > 香水の保存・保管 > 香水の入れ物・アトマイザー
香水カテゴリー

香水の種類

香水の分類とは
香水成分による分類
香りによる分類
濃度による分類
時間による変化
犬の香水
猫の香水

香水の歴史

香水の歴史
香水ブランドと歴史
シャネル
ブルガリ
クリスチャン・ディオール
エルメス
ジバンシー
ニナ・リッチ

飲む香水・練り香水

飲む香水の効果
練り香水とは
自分で作る練り香水

香水つけ方

香水のつけかた
香水の効果
香水の選び方
香水の保存と保管
容器・アトマイザー

フェロモン香水

フェロモンとは
フェロモン香水

香水の入れ物・アトマイザー

香水は、通常は瓶に入っていますが、持ちやすく携帯するため、また、香水を出しやすくするために別の容器を使用することがあります。主にアトマイザー言われるものが使われます。ちなみに、アトマイザーとはスプレー付きの携帯タイプのボトルのことを言います。

香水の入れもの

  • ボトルタイプ
    定番の小瓶の香水入れです。
  • ロールタイプ
    香水を直接塗れるタイプで、量を調節しやすいが香水の匂いが変わりやすいのがデメリットです。
  • スプレータイプ (アトマイザー)
    口の部分がスプレーになっている入れ物です。

アトマイザーとは

アトマイザーとは、香水類を入れるスプレー付き容器のことを言います。

アトマイザーは、1859年頃から医療分野で最初に使用され、1870年代の終わりには、フランスの高級香水メーカーで香水の芳香をより高めるために多用されるようになりました。

香水のビンを持ち歩くのはかさばりますし、万が一割れる危険もあります。でも、アトマイザーならポケットや小さなポーチに入れることもできます。

ただし、アトマイザーは保存用容器ではありませんのでアトマイザーに入れた香水はなるべく早く使い切るようにしたほうが良いでしょう。

このページの一番上へ




 
香水