香水の基本知識:時間による変化、香水の作り方、つけ方、男性用・女性用フレグランス一覧
香水、フレグランス
香水の基本知識 > 香水の時間による香りの変化
香水カテゴリー

香水の種類

香水の分類とは
香水成分による分類
香りによる分類
濃度による分類
時間による変化
犬の香水
猫の香水

香水の歴史

香水の歴史
香水ブランドと歴史
シャネル
ブルガリ
クリスチャン・ディオール
エルメス
ジバンシー
ニナ・リッチ

飲む香水・練り香水

飲む香水の効果
練り香水とは
自分で作る練り香水

香水つけ方

香水のつけかた
香水の効果
香水の選び方
香水の保存と保管
容器・アトマイザー

フェロモン香水

フェロモンとは
フェロモン香水

香水の時間による香りの変化

ひとつの香水には性質の違う多くの香料が使われていて、その香料の性質の違いにより、時間の変化とともに香りが「グラデーション」的に微妙に変化します。

一般的にトップノート、ミドルノート、ベースノートという3段階で、香水の香り立ちの変化を表現します。

トップノート (香水をつけてから20分間ほど)

香水をつけてから最初に感じる香り、つまり香水の第一印象です。柑橘系のオレンジやレモンなどがトップノートになりやすいと言われます。

ミドルノート (トップノートから2時間程度)

香水の中心となる香りでハートノートとも言われます。その香水のテーマを最も表す香りになります。つまり、香水を選ぶ際のポイントとなる香りです。

ベースノート (ミドルノートから約半日)

残り香とも言える香りで、ラストノート、ボトムノート、ラスティングノートとも言われます。香水をつけている人の体臭と混じりあって香りが構成され、その人の香りのイメージを決定付ける香りとなります。

一般的に動物性香料、ウッディ系香料は持続力が強く、場合によって24時間以上香り続けます。

このページの一番上へ




 
香水