香水の基本知識:アルコール濃度による分類、香水の作り方、つけ方、男性用・女性用フレグランス一覧
香水、フレグランス
香水の基本知識 > 香水の分類 > 香水のアルコール濃度による分類
香水カテゴリー

香水の種類

香水の分類とは
香水成分による分類
香りによる分類
濃度による分類
時間による変化
犬の香水
猫の香水

香水の歴史

香水の歴史
香水ブランドと歴史
シャネル
ブルガリ
クリスチャン・ディオール
エルメス
ジバンシー
ニナ・リッチ

飲む香水・練り香水

飲む香水の効果
練り香水とは
自分で作る練り香水

香水つけ方

香水のつけかた
香水の効果
香水の選び方
香水の保存と保管
容器・アトマイザー

フェロモン香水

フェロモンとは
フェロモン香水

香水のアルコール濃度による分類

香水は、アルコールの濃度によって大きく4種類に分類されます。

香水の香りの元になるものはアルコールに溶かされた香料によるものですから、その香水にどれくらいのアルコールが含まれているかによって香りの持続時間も違ってきます。

パルファン(Parfum)

  • アルコール濃度:15〜20%
  • 香りの持続時間:5〜7時間程度
  • 特徴:香りに、奥深さや豊かさがあります。

オー・デ・パルファン(Eau de Parfum)

  • アルコール濃度:10〜15%
  • 香りの持続時間: 4〜5時間程度
  • 特徴:パルファンに近い品格を保持しながら価格が手頃なのが魅力です。

オー・デ・トワレ(Eau de Toilette)

  • アルコール濃度:5〜10%
  • 香りの持続時間: 3〜4時間程度
  • 特徴:朝付けて昼にほんのり香る程度で、軽やかで昼用としてよく使われます。

オー・デ・コロン(Eau de Cologne)

  • アルコール濃度:3〜5%
  • 香りの持続時間:1〜3時間程度
  • 特徴:低濃度で周りの人を気にせずに使え、気分のリフレッシュに使われます。

このページの一番上へ




 
香水