香水の基本知識:香水の分類、香水の作り方、つけ方、男性用・女性用フレグランス一覧
香水、フレグランス
香水の基本知識 > 香水の分類
香水カテゴリー

香水の種類

香水の分類とは
香水成分による分類
香りによる分類
濃度による分類
時間による変化
犬の香水
猫の香水

香水の歴史

香水の歴史
香水ブランドと歴史
シャネル
ブルガリ
クリスチャン・ディオール
エルメス
ジバンシー
ニナ・リッチ

飲む香水・練り香水

飲む香水の効果
練り香水とは
自分で作る練り香水

香水つけ方

香水のつけかた
香水の効果
香水の選び方
香水の保存と保管
容器・アトマイザー

フェロモン香水

フェロモンとは
フェロモン香水

香水の分類

香水には、人によって様々な分類の仕方があります。基本的な分類として、香水は、成分による分類、香調(香りの系統)による分類、濃度による分類に大きく分けられます。なお、用途しての性別による分類の仕方もあります。

成分による分類

その原料により一般的に大きく天然香料と合成香料の2つに分類され、さらにそれぞれ2つに分類されます。 なお、天然の香料は希少であるため高価であり、化学的な香料もよく使われます。

>>成分による分類

香調(香りの系統)による分類

ひとつの香水で平均して約50〜200種類もの香料が使われます。

>>香りの系統による分類

濃度による分類

アルコールの濃度によって大きく4種類に分類されます。

>>アルコール濃度による分類

性別による分類

香水は大きく男性用と女性用に分けれますが、最近では、男女共用(ユニセックス)の商品も多く見受けられるようになりました。

また、異性用の香水をつけることも、現代では決してタブーとはされなくなりましたが、こうした感覚はそれぞれの国によって異なります。

日本ではユニセックスのものが比較的良く見られますが、アメリカでは男性が女性用香水をつけるとゲイと受け取られるケースがあるようですし、フランスでは男性用と女性用がきっちり分けられていて、ユニセックスのものはほとんど扱われていません。

このページの一番上へ




 
香水