香水の基本知識:シャネル香水とその歴史、香水の作り方、つけ方、男性用・女性用フレグランス一覧
香水、フレグランス
香水の基本知識 > 香水のブランドとその歴史 > シャネル香水とその歴史
香水カテゴリー

香水の種類

香水の分類とは
香水成分による分類
香りによる分類
濃度による分類
時間による変化
犬の香水
猫の香水

香水の歴史

香水の歴史
香水ブランドと歴史
シャネル
ブルガリ
クリスチャン・ディオール
エルメス
ジバンシー
ニナ・リッチ

飲む香水・練り香水

飲む香水の効果
練り香水とは
自分で作る練り香水

香水つけ方

香水のつけかた
香水の効果
香水の選び方
香水の保存と保管
容器・アトマイザー

フェロモン香水

フェロモンとは
フェロモン香水

シャネル香水とその歴史

シャネルは、1910年ガブリエル・ボヌール・シャネル(Gabrielle Bonheur Chanel、別名ココ・シャネル、Coco Chanel)によって創業された「シャネル・モード」という帽子専門店(パリ)から始まったブランドで、ココ・シャネルの「ココ」は愛称です。

香水 シャネルNo.5

誰もが知っている香水ブランドのナンバーワン、現在、世界でもっとも売れている香水がシャネルの5番です。

シャネルの5番は1921年5月5日にCHANELのコレクションで発表されたもので、香水の歴史は、シャネルNo.5以前とNo.5以後に分けられるとも言われ、女優マリリンモンローが愛用していたことでもとても有名です。

シャネルの5番は、それまで花などのシンプルでわかりやすい香りが主流だった香水と違い、合成香料を使って今までなかった香りを世に送り出したことで、とても斬新な香水と絶賛されました。

香りは重厚で女性らしさが表現され、フローラルに合成香料のアルデヒドが使われているのが特徴的です。

トップノートは、オレンジの花、イランイラン、アルデヒド、ミドルノートは、ジャスミン、ローズドゥメ、ラストノートは、サンダルウッドとヴェチヴァーです。

シャネル香水のラインナップ

  • シャネル No.19
  • シャネル No.22
  • シャネル No.5
  • シャネル アリュール
  • シャネル アリュールオム
  • シャネル アリュールオムスポーツ
  • シャネル アリュールセンシュアル
  • シャネル アンテウス
  • シャネル ガーデニア
  • シャネル クリスタル
  • シャネル チャンス
  • シャネル プールムッシュウ
  • シャネル エゴイスト
  • シャネル エゴイストプラチナム
  • シャネル ココ
  • シャネル ココマドモワゼル

このページの一番上へ




 
香水