一般労働者派遣事業の許可申請(要件などの解説と手続代行)、人材派遣業運営・経営支援。

一般労働者派遣事業の許可申請代行手続に始まり、事業を行う上でのリスク回避や運営支援を致します。人材派遣会社設立や就業規則の作成も。
一般派遣無料相談
一般派遣トップ | サービス一覧・費用 | ご依頼の流れ | 取材・講演受付 | 事務所案内 | 無料メール電話相談
  
一般労働者派遣事業とは

一般労働者派遣事業許可

一般許可要件チェックリスト

一般労働者派遣事業リスク

運営ノウハウ・Q&A

人材ビジネスのピラミッド

一般労働者派遣事業許可・経営支援

企業の人件費カット、団塊世代の定年、若年者層の就労意欲の低下などを背景に、近年、一般労働者派遣を利用する企業が増加しています。スタッフに一定以上のスキルを習得させることによって、人材ビジネスは今後、大きく飛躍していくと思われます。

偽装請負が問題視され、労働者保護のために指導・勧告がなされる今日この頃、適法に一般労働者派遣法を営み、成長していく企業の一助になれば幸いです。

/**/

一般労働者派遣事業とは?

労働者派遣事業には以下のように2種類あります

  1. 一般労働者派遣事業
    スタッフを登録させ仕事があるときにだけ派遣先で働かせる。日雇いなどもOK
  2. 特定労働者派遣事業
    自社雇用の労働者を派遣先で働かせる

一般労働者派遣事業では、派遣してはならない職業などもあり、注意が必要です。
>>もっと詳しく

一般労働者派遣事業の要件

 一般労働者派遣事業では、労働者の身分が安定していないため、労働局から許可を得ることが必要になります(許可申請)。許可を得るためには、財産(資産)、事業所の場所や広さ、事業主の適正、個人情報保護、社会保険加入など、様々な要件があります。
  資産要件では1000万円の資産、800万円の現預金が必要になります。会社設立と同時にされる場合は、資本金を1000万円にして設立したほうがいいですね。以前は、1年目から消費税課税対象事業者になってしまうことを避けるため、資本金額を抑えて設立し、設立準備金と合わせて1000万円にすることでも良かったのですが、最近では労働局のほうで認可が下りませんので注意が必要です。

>>一般労働者派遣事業許可申請
>>許可要件チェックリスト

一般労働者派遣事業のリスク

一般労働者派遣事業では、登録スタッフの派遣先でのトラブル、長時間勤務による従業員のトラブル、常に資金が先に必要になる資金リスクなど、様々なリスクやトラブルが出てきます。なるべく、事前にトラブルを予測し、それを回避するような就業規則や内規を作成し、さらに労働者がすぐに相談できる窓口の設置などが必要です。

>>事業リスク・トラブル

一般労働者派遣事業の上手な運営方法

一般労働者派遣事業を運営するにあたって、事業の作業フローの確立やシステム導入が必要になります。スタッフの数にもよりますが、どのような体制が適切なのか見極めて運営計画を立てることが大切です。

>>一般労働者派遣事業の運営ノウハウ



対応エリア
【東京都】
千代田区、中央区、港区、新宿区 文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区 北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、 江戸川区、三鷹市、武蔵野市、町田市、多摩市、西東京市、昭島市、狛江市、調布市、東久留米市、清瀬市、東村山市、小平市、立川市、国立市、国分寺市、府中市、多摩市、稲城市、町田市
【千葉県】
千葉市、習志野市、船橋市、浦安市、柏市、松戸市、船橋市、市川市、流山市、鎌ケ谷市、流山市、八千代市
【埼玉県】
三郷市、さいたま市、所沢市、川口市、新座市、大宮市、朝霞市、志木市、和光市、戸田市、蕨市、鳩ヶ谷市、草加市、越谷市、八千代市、富士見市
【神奈川県】
川崎市、横浜市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、綾瀬市、厚木市、相模原市、鎌倉市、大和市、座間市

文字を大きくする文字を小さくする

社会保険労務士 寺内正樹


寺内が執筆しました

事務所概要(神奈川県)
ご依頼手続手順
プライバシーポリシー

企業経営サポート.com
就業規則サポート
特定労働者派遣サポート
有料職業紹介サポート
労働どっとネット