ヤロウ(ミルフォイル) 効能、作用、成分、栽培方法〜ハーブの種類
ハーブ・アロマオイル・精油の効能・ハーブの育て方
ハーブ・アロマホーム > ハーブの種類・効能 > ハーブの種類 > ヤロウ(ミルフォイル)
ハーブ・アロマカテゴリ

ハーブの種類・効能

ハーブの種類(名前順)
一年草・多年草・樹木
ハーブの原産地
-注意が必要なハーブ-
喘息・高血圧・てんかん
-効能-
リラックス・リフレッシュ
不眠・スッキリ目覚め
集中力アップ
肩こり・頭痛・眼精疲労
胃腸・便秘・デトックス
かぜ・せき・のどの痛み
ストレス・抗うつ
生理不順・冷え・更年期
美容(痩身)・美肌

ハーブの育て方

ハーブの種まき
ハーブの用土
ハーブの肥料
鉢・コンテナで育てる
ハーブ苗の植えつけ・植え替え
病気・害虫、その対策
梅雨・夏・冬の対策
ハーブ収穫量を増やす
ハーブの収穫

ハーブの保存と楽しみ

ハーブの保存方法
ハーブ成分の抽出コツ
-飲む・食べる-
ハーブティの入れ方
ハーブコーヒー
ハーブジャムの作り方
シロップ、甘味料
ハーブソルトの作り方
ハーブオイル、ビネガー
肉料理に合うハーブ
魚料理に合うハーブ
-香り・色を楽しむ-
ハーブキャンドル作り方
ポプリの作り方
サシェの作り方
染色、染料
-美容・美肌-
フェイシャルスチーム
化粧水、ローション
ハンドクリームの作り方
ハーブゴマージュ
入浴剤・バスソルト
ハーブせっけん
リンス
-薬-
うがい薬
止血剤、消毒薬、シップ
麻酔薬・痛み止め
-虫・菌よけ-
虫除けスプレー作り方
消臭殺菌スプレー作り方

アロマオイル(精油)
ハーブ・アロマ本・雑誌
免責事項

ヤロウ(ミルフォイル)

  1. ヤロウ(ミルフォイル)の基本情報
  2. 効果的な使用方法
  3. ヤロウ(ミルフォイル)ハーブの栽培方法
  4. ヤロウ(ミルフォイル)の種類
  5. 注意事項

>>ハーブ一覧(あいうえお順)


ヤロウ(ミルフォイル)の基本情報


学名 Achillea millefolium
別名・和名 セイヨウノコギリソウ、アキレア
科名 キク科
使用部分 地上部(小頭花)、根
主要成分 精油(アズレン前駆物質アキリシン)、苦味アルカロイド(アキレイン)、フラボノイド(アピゲニン、ルテオリン)、クマリン類、タンニン
主要作用 鎮静作用、抗菌作用、利胆作用、消炎作用、収れん作用、健胃作用、葉に止血作用・創傷治癒作用、食欲回復、風邪に

このページの一番上へ

ヤロウ(ミルフォイル)効果的な使用方法

  • ハーブティー
    胃腸によい。血のめぐりを良くする。かぜのひき始めに飲むとよい。
  • リンスにもできる。 座浴 生理痛、緊張緩和に
  • ゴミの分解に

  • 葉を熱湯に浸して冷ました浸出液は傷薬になる。また、根から出る分泌液は周辺の植物の病気を治す。
  • ドライフラワー
    花の色が多色できれいなので、ドライフラワー、リース、ポプリに向く。
  • 料理 若い葉を刻んでサラダ。クリームチーズに入れてディップにする。
  • 化粧水 花の浸出液は化粧水になる、

このページの一番上へ

ヤロウ(ミルフォイル)ハーブの栽培方法

  • 場所
    日当たりのよい場所。暑さ、寒さに強い。2度咲きする。
  • 種まき
    春か秋

  • 適度に肥えていて湿り気がある土
  • 育て方
    30cm間隔で植えかえ。花が枯れたら摘む。晩夏に葉と花を収穫するといい。2年に1度は株分け、植え替えを行なうこと
  • 病気・害虫 
    ほとんどない。多湿に弱いので通気を良くすること。
  • 保存
    ドライフラワーまたはドライリーフにする

このページの一番上へ

ヤロウ(ミルフォイル)の種類

コモンヤロウ(若い新芽はそのまま食べることができる)、スニーズワート(花を入浴剤として使う)、ウーリーヤロウ(ヒメノコギリソウ)

このページの一番上へ

注意事項

キク科アレルギーの人は使用しないこと

このページの一番上へ




 
ハーブ・アロマ効能