クランベリー 効能、作用、成分、栽培方法〜ハーブの種類
ハーブ・アロマオイル・精油の効能・ハーブの育て方
ハーブ・アロマホーム > ハーブの種類・効能 > ハーブの種類 > クランベリー
ハーブ・アロマカテゴリ

ハーブの種類・効能

ハーブの種類(名前順)
一年草・多年草・樹木
ハーブの原産地
-注意が必要なハーブ-
喘息・高血圧・てんかん
-効能-
リラックス・リフレッシュ
不眠・スッキリ目覚め
集中力アップ
肩こり・頭痛・眼精疲労
胃腸・便秘・デトックス
かぜ・せき・のどの痛み
ストレス・抗うつ
生理不順・冷え・更年期
美容(痩身)・美肌

ハーブの育て方

ハーブの種まき
ハーブの用土
ハーブの肥料
鉢・コンテナで育てる
ハーブ苗の植えつけ・植え替え
病気・害虫、その対策
梅雨・夏・冬の対策
ハーブ収穫量を増やす
ハーブの収穫

ハーブの保存と楽しみ

ハーブの保存方法
ハーブ成分の抽出コツ
-飲む・食べる-
ハーブティの入れ方
ハーブコーヒー
ハーブジャムの作り方
シロップ、甘味料
ハーブソルトの作り方
ハーブオイル、ビネガー
肉料理に合うハーブ
魚料理に合うハーブ
-香り・色を楽しむ-
ハーブキャンドル作り方
ポプリの作り方
サシェの作り方
染色、染料
-美容・美肌-
フェイシャルスチーム
化粧水、ローション
ハンドクリームの作り方
ハーブゴマージュ
入浴剤・バスソルト
ハーブせっけん
リンス
-薬-
うがい薬
止血剤、消毒薬、シップ
麻酔薬・痛み止め
-虫・菌よけ-
虫除けスプレー作り方
消臭殺菌スプレー作り方

アロマオイル(精油)
ハーブ・アロマ本・雑誌
免責事項

クランベリー

  1. クランベリーの基本情報
  2. 効果的な使用方法
  3. クランベリーハーブの栽培方法
  4. クランベリーの種類
  5. 注意事項

>>ハーブ一覧(あいうえお順)


クランベリーの基本情報

実は、赤い。酸味と甘味がある。

学名 Vaccinium macrocarpon,Vaccinium oxycoccos
別名・和名 -
科名 ツツジ科
使用部分 果実
主要成分 プロアントシアニジン、ビタミンC、アルブチン、果糖、植物酸(キナ酸、クエン酸、リンゴ酸)、ブドウ種子ポリフェノール、アントシアニン
主要作用 尿の酸性化作用、尿路への細菌付着抑制作用、尿道炎、膀胱炎、泌尿器系疾患、歯周病予防、コレステロール値減少

このページの一番上へ

クランベリー効果的な使用方法

  • サプリメントで採る
  • 料理
    お菓子、ケーキ、クッキーの飾り、ドライフルーツにして、アイスクリームにトッピング
  • ハーブティー
    肌がきれいになる
  • 果実酒
    クランベリー酒

このページの一番上へ

クランベリーハーブの栽培方法

  • 場所
    涼しい環境。暑い夏や西日に弱いので半日陰や、涼しい日なたで栽培します。耐寒性がある。鉢植え、プランターでも育てることができます。

  • 酸性の土壌がよい。用土を購入する場合は、ブルーベリー用土が適している。
  • 植えつけ
    10月〜11月、または3月〜4月頃
  • 水やり
    水切れに弱い。常に湿っている状態がいいので、水やりはたっぷりと。
  • 肥料 
    追肥は、緩効性の化成肥料などを与えます。2月〜3月と9月〜10月頃に追肥します。
  • 開花
    6〜7月 収穫 8月〜10月。収穫後に、剪定します。鉢の直径が15cmなら最低でも30〜40cm程度、残して置く。実が赤く色づいてから行います
  • 殖やしかた
    収穫後の剪定のときに切った枝を挿し木にして、苗を増やします。株分けでも増やすことができます。
  • 害虫
    つきにくいが、アブラムシ、カイガラムシがつくことがある。

このページの一番上へ

クランベリーの種類

ツルコケモモ、ヒメツルコケモモ、オオミノツルコケモモ、アクシバ

このページの一番上へ

注意事項

このページの一番上へ




 
ハーブ・アロマ効能