ハーブ成分の抽出コツ
ハーブ・アロマオイル・精油の効能・ハーブの育て方
ハーブ・アロマホーム > ハーブの保存と楽しみ > ハーブ成分の抽出コツ
ハーブ・アロマカテゴリ

ハーブの種類・効能
ハーブの育て方
ハーブの保存と楽しみ

ハーブの保存方法
ハーブ成分の抽出コツ
-飲む・食べる-
ハーブティの入れ方
ハーブコーヒー
ハーブジャムの作り方
シロップ、甘味料
ハーブソルトの作り方
ハーブオイル、ビネガー
肉料理に合うハーブ
魚料理に合うハーブ
-香り・色を楽しむ-
ハーブキャンドル作り方
ポプリの作り方
サシェの作り方
染色、染料
-美容・美肌-
フェイシャルスチーム
化粧水、ローション
ハンドクリームの作り方
ハーブゴマージュ
入浴剤・バスソルト
ハーブせっけん
リンス
-薬-
うがい薬
止血剤、消毒薬、シップ
麻酔薬・痛み止め
-虫・菌よけ-
虫除けスプレー作り方
消臭殺菌スプレー作り方

アロマオイル(精油)
ハーブ・アロマ本・雑誌
免責事項

ハーブ成分の抽出するポイント

  1. 使用直前に細かく砕く
  2. お湯の温度は95度以上で、水は水道水で
  3. 抽出時間はハーブの部位によって
  4. 抽出容器はふたつきがいい

使用直前に細かく砕く

ハーブの表面積を増やして成分を抽出しやすくする。

細かくカットしたり、すり潰すと効率よく抽出できます。

ただし、使う直前に行なわないと、酸化が進んでしまいますので、「直前」に細かくすることが大切です。

このページの一番上へ

お湯の温度は95度以上で、水は水道水で

お湯の温度によってハーブから溶け出す成分が変わってきます。ハーブは95度以上の熱湯で抽出しましょう。熱湯を使ってもビタミンCは完全には壊れません。

水で抽出する場合はくみたての水か軟水のミネラルウォーターを使います。沸かしてしまったり、くみおきした水は酸素が抜けているのでハーブの抽出には適しません。

また、硬水はミネラル分が多すぎるため、ハーブの浸出が妨げられてしまいます。

このページの一番上へ

抽出時間はハーブの部位によって

花や葉など、やわらかい部分のハーブは3〜5分熱湯に浸せば成分が抽出されます。根や種子など硬い部分のハーブは10分以上熱湯に浸して成分を抽出させます。

煎剤の場合は、あらかじめ、冷水に10〜20分浸しておくということもできます。

このページの一番上へ

抽出容器はふたつきがいい

ハーブを抽出している間に揮発性成分が逃げてしまわないように、ティーポットや鍋などは、必ずふた付のものを使用します。

また、磁器、ホーロー製、耐熱ガラス製、ステンレス製などの材質のものを使いましょう。アルミなどは不適です。

 

このページの一番上へ




 
ハーブ・アロマ効能