ハーブの入浴剤、バスソルトの作り方
ハーブ・アロマオイル・精油の効能・ハーブの育て方
ハーブ・アロマホーム > ハーブの保存と楽しみ > ハーブの入浴剤、バスソルトの作り方
ハーブ・アロマカテゴリ

ハーブの種類・効能
ハーブの育て方
ハーブの保存と楽しみ

ハーブの保存方法
ハーブ成分の抽出コツ
-飲む・食べる-
ハーブティの入れ方
ハーブコーヒー
ハーブジャムの作り方
シロップ、甘味料
ハーブソルトの作り方
ハーブオイル、ビネガー
肉料理に合うハーブ
魚料理に合うハーブ
-香り・色を楽しむ-
ハーブキャンドル作り方
ポプリの作り方
サシェの作り方
染色、染料
-美容・美肌-
フェイシャルスチーム
化粧水、ローション
ハンドクリームの作り方
ハーブゴマージュ
入浴剤・バスソルト
ハーブせっけん
リンス
-薬-
うがい薬
止血剤、消毒薬、シップ
麻酔薬・痛み止め
-虫・菌よけ-
虫除けスプレー作り方
消臭殺菌スプレー作り方

アロマオイル(精油)
ハーブ・アロマ本・雑誌
免責事項

ハーブの入浴剤、バスソルトの作り方

  1. ハーブの入浴剤の作り方
  2. バスソルトの作り方

ハーブの入浴剤の作り方

米ぬかをプラスすると肌がすべすべになります。

<<材料>>

  • ガーゼ(20平方センチくらい)
  • 麻ひも
  • 米ぬか1/2カップ
  • ドライのエルダーフラワー 大さじ2
  • ドライのラベンダー 大さじ2

<<作り方>>

  1. 深めの容器に米ぬか、エルダーフラワー、ラベンダーのハーブを入れてよく混ぜ合わせる
  2. ガーゼを広げ、中央に1.を置く
  3. ガーゼで包み、口を麻ひもでしばる

米ぬかとハーブの効果で肌がみずみずしくつややかになります。

また、ラベンダーには発汗殺菌作用や皮脂分泌のバランスを整える効果があり、エルダーフラワーはマスカットに似た香りを放ち、保湿効果があります。

他にもローズゼラニウムバジル(肌を生き生きとさせる)、タイム(筋肉痛がやわらぐ)、ポットマリーゴールド(肌をなめらかに)も、入浴剤に適しています。

このページの一番上へ

バスソルトの作り方

<<材料>>

  • ドライのジュニパー 大さじ1
  • 天然塩 大さじ3
  • ドライのローズマリー 小さじ1
  • ドライのハイビスカス 大さじ2
  • 精油
  • 保存用容器
  • ビーカー(紙コップ)
  • ガラス棒(割りばし)

<<作り方>>

  1. ハイビスカスティーを濃いめに作る(ビーカー・紙コップに作ります。ティーは大さじ1/2程度使う)
  2. 天然塩を保存容器に入れ、ハイビスカスティー大さじ1/2を加えてむらなく全体をピンク色にする。
  3. 2.にジュニパーとローズマリーをいれ、ガラス棒でかきまぜ、仕上げにお好みの精油を1,2滴たらします。

ローズマリーには収れん作用がありますので、肌をひきしめたり、頭皮などの血行促進に作用します。

ジュニパーにはむくみ予防の効果があります。

タイムは、発刊作用、美容効果があります。風呂水の殺菌作用も期待できます。

このページの一番上へ




 
ハーブ・アロマ効能