妊娠中の妊婦・皮膚刺激・光毒性に注意するアロマオイル(精油)
ハーブ・アロマオイル・精油の効能・ハーブの育て方
ハーブ・アロマホーム > アロマオイル(精油)の種類・効能 > 妊娠中・皮膚刺激・光毒性
ハーブ・アロマカテゴリ

ハーブの種類・効能
ハーブの育て方
ハーブの保存と楽しみ
アロマオイル(精油)

-注意が必要な精油-
妊娠・皮膚刺激・光毒性

ハーブ・アロマ本・雑誌
免責事項

妊娠中の妊婦・皮膚刺激・光毒性に
注意するアロマオイル(精油)

基本的に、アロマオイル(精油)は直接肌につけないことが原則です。

  1. 妊娠中に使用してはいけないアロマオイル(精油)
  2. 皮膚に刺激があるアロマオイル(精油)
  3. 光毒性のある(直射日光にあててはいけない)アロマオイル

妊娠中に使用してはいけないアロマオイル(精油)

妊婦は使用を控えましょう

  • イランイラン
  • カモマイル
  • クラリセージ
  • サイプレス
  • シダーウッド
  • ジャスミン
  • ジュニパー
  • スイートフェンネル
  • スペアミント
  • セージ
  • ゼラニウム
  • バジル
  • パセリ
  • ペパーミント
  • マジョラム
  • ミルラ
  • ラベンダー
  • レモングラス
  • メリッサ(レモンバーム)
  • ローズ
  • ローズマリー

このページの一番上へ

皮膚に刺激があるアロマオイル(精油)

皮膚刺激があるので、皮膚の弱い人は注意が必要です。

このページの一番上へ

光毒性のある(直射日光にあててはいけない)アロマオイル

光毒性があるので、直接太陽の光に当てないように気をつけましょう。

  • アンジェリカルート
  • オレンジビター
  • グレープフルーツ
  • スウィートオレンジ
  • タイム
  • ベルガモット
  • マンダリン
  • ライム
  • レモン

このページの一番上へ




 
ハーブ・アロマ効能