学校経営労務サポート
学校経営・法務・労務管理、学校法人の吸収合併(M&A)の情報、生徒・先生の個人情報保護についての解説 
無料相談
私学や専門学校など学校法人の経営管理(法務・労務)。教師のモチベーションを
上げる就業規則の作り方、生徒の個人情報管理方法教えます。
学校経営トップ | サービス一覧・費用 | ご依頼の流れ | 研修・講義受付 | 事務所案内 | 問い合わせ
  
学校教職員の労務管理

個人情報保護・管理

学校法人就業規則と内規

定年延長・再雇用制度
高齢者雇用確保措置
継続雇用制度導入注意点
継続雇用対象者基準例
雇用条件見直し時の注意点
勤務延長制度のメリット
再雇用制度のメリット
助成金の活用
給与を減額・手取りを増額

情報開示問題判例
学校経営労務サポート > 定年延長再雇用 > 勤務延長制度のメリット

勤務延長制度のメリット・デメリット

  1. 勤務延長制度とは?
  2. 学校にとってのメリット
  3. 学校にとってのデメリット
/**/

1.勤務延長制度とは?

「勤務延長制度]とは、【その年齢に到達した者を退職させることなく引き続き雇用する】というものです。基本的には、勤務延長後の処遇も従来と変わらない場合が多く、高年齢労働者としては、今までの報酬を得ながら、今までの仕事に従事できるという制度です

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

2.学校にとってのメリット

知識・経験豊富な教職員をそのままの状況で雇用していくことから、教員と学校の【雇用に関するミスマッチ】が生じにくいことです。有能な若年労働者の採用・定着が難しい学校では、労働力の確保が図れます。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

3.学校にとってのデメリット

退職金や賃金、ポスト不足の問題が挙げられます。 定年退職の利点は、特定の年齢への到達で賃金の上昇が抑えられるとともに、定年のみを理由として、紛争を起こさずに雇用を終了できることでした。

・・・ということは、年功賃金制度を用いる学校では、定年を先に延ばすことで【労働者の生産性】 に比べ、【支払われる賃金】の割合が大きくなる可能性があるのです。当然、仕事内容は変らないのに、定年延長を理由として高年齢者の労働条件を引き下げることは、不利益変更になりますので、できません 。

退職金の支払に関しても、勤務延長契約終了後などに、全期間を通産して支払うことが多く、退職金額の負担が学校に圧し掛かる可能性もあります。

また、若手・中堅教員のモチべーションに悪影響を与えないような配慮も必要です。 「本来なら定年で、あのポストが空くはずなのに… 」と、ポスト不足による人事停滞が有能な教職員のやる気を削いでしまったら、元も子もありませんから。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ



対応エリア
【東京都】
千代田区、中央区、港区、新宿区 文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区 北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、 江戸川区、三鷹市、武蔵野市、町田市、多摩市、西東京市、昭島市、狛江市、調布市、東久留米市、清瀬市、東村山市、小平市、立川市、国立市、国分寺市、府中市、多摩市、稲城市、町田市
【千葉県】
千葉市、習志野市、船橋市、浦安市、柏市、松戸市、船橋市、市川市、流山市、鎌ケ谷市、流山市、八千代市
【埼玉県】
三郷市、さいたま市、所沢市、川口市、新座市、大宮市、朝霞市、志木市、和光市、戸田市、蕨市、鳩ヶ谷市、草加市、越谷市、八千代市、富士見市
【神奈川県】
川崎市、横浜市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、綾瀬市、厚木市、相模原市、鎌倉市、大和市、座間市


文字を大きくする文字を小さくする


社会保険労務士 寺内正樹


事務所概要(神奈川県)
ご依頼手続手順
プライバシーポリシー

サービス一覧
講演・執筆・取材依頼受付


/**/