学校経営労務サポート
学校経営・法務・労務管理、学校法人の吸収合併(M&A)の情報、生徒・先生の個人情報保護についての解説 
無料相談
私学や専門学校など学校法人の経営管理(法務・労務)。教師のモチベーションを
上げる就業規則の作り方、生徒の個人情報管理方法教えます。
学校経営トップ | サービス一覧・費用 | ご依頼の流れ | 研修・講義受付 | 事務所案内 | 問い合わせ
  
学校教職員の労務管理

個人情報保護・管理

学校法人就業規則と内規

定年延長・再雇用制度
高齢者雇用確保措置
継続雇用制度導入注意点
継続雇用対象者基準例
雇用条件見直し時の注意点
勤務延長制度のメリット
再雇用制度のメリット
助成金の活用
給与を減額・手取りを増額

情報開示問題判例
学校経営労務サポート > 定年延長再雇用 > 継続雇用制度

継続雇用制度の対象者基準 | 継続雇用後の条件 | 系列会社への転籍 | 労働条件の不利益変更


継続雇用制度導入の注意点

  1. 継続雇用制度の対象者基準

継続雇用制度には、勤務延長制度再雇用制度があり、それぞれの制度によってメリット・デメリットがあります。このページでは、継続雇用制度全般の基本的な決まり事を解説します。

/**/

1.継続雇用制度の対象者基準

対象者の基準については、労使が協議をして、労使協定を締結することが原則です。したがって、内容については労使間で決められるとされていますが、労使間で協議の上定められたものであっても、事業主が恣意的に継続雇用を排除しようとするなど高年齢者雇用安定法改正の趣旨や、他の労働関連の法規に反したり公序良俗に反したりするものは認められません。

また、基準制定においては、具体性と客観性という二つの要件を出来るだけ満たさなければなりません。この二つの要件をもとに厚生労働省が作成したものがありますので、参考にしてください↓↓。
  >> 厚生労働省「継続雇用制度の対象者に係る基準事例」

職種ごとに異なる基準を設けてもよいか?

職種や管理職であるか否かによって異なる基準を定めることは、労使間で十分に話し合い、労使納得の上で策定されたものであれば、改正高年齢者雇用安定法違反とはならないとされています。例えば、教育職員に限って対象者の基準とすることも違反ではありません。

当該対象者は必ず再雇用しなければならないのか?

 高年齢者雇用安定法は、事業主に継続雇用制度等の制度導入を義務付けているものであり、個別の労働者の65歳までの雇用義務を課すものではありませんが、対象者であって、再雇用を希望する者は原則として全員にその機会を与えなければなりません
  しかし、再雇用制度の適用対象者をどのような労働条件で再雇用するかについては、事業主と対象者が、法令に違反しない限り自由に定めることができ、事業主と対象者との間で合意が成立しない場合は再雇用契約を締結しなくてもよいということから、対象者を必ずしも再雇用しなければならないということにはなりません

今すぐ相談する! | このページの一番上へ



対応エリア
【東京都】
千代田区、中央区、港区、新宿区 文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区 北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、 江戸川区、三鷹市、武蔵野市、町田市、多摩市、西東京市、昭島市、狛江市、調布市、東久留米市、清瀬市、東村山市、小平市、立川市、国立市、国分寺市、府中市、多摩市、稲城市、町田市
【千葉県】
千葉市、習志野市、船橋市、浦安市、柏市、松戸市、船橋市、市川市、流山市、鎌ケ谷市、流山市、八千代市
【埼玉県】
三郷市、さいたま市、所沢市、川口市、新座市、大宮市、朝霞市、志木市、和光市、戸田市、蕨市、鳩ヶ谷市、草加市、越谷市、八千代市、富士見市
【神奈川県】
川崎市、横浜市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、綾瀬市、厚木市、相模原市、鎌倉市、大和市、座間市


文字を大きくする文字を小さくする


社会保険労務士 寺内正樹


事務所概要(神奈川県)
ご依頼手続手順
プライバシーポリシー

サービス一覧
講演・執筆・取材依頼受付


/**/